このページではグーグルアナリティクスを設定します。グーグルアナリティクスとは設定したホームページに「どのくらいのアクセスがあるのか」あるいは、「どこに地域からアクセスがあるのか」を計測してくれるツールのことです。

無料で使用でき、かつ簡単に設定することができるので、登録することをおすすめします。なお、ここではワードプレスプラグインの「All in One SEO Pack」を使って設定していますので、事前にインストールしておくとスムーズに進めることができます。

「All in One SEO Pack」のインストールの仕方については、別記事を用意しますので、そちらを参考にしてください。

グーグルアナリティクスのアカウントを作成する

まず、最初にすべきことはアナリティクスアカウントを作ることです。検索サイトで「グーグルアナリティクス」と検索し、ページを表示させます。下の画像の画面を表示させ、右上の「ログイン」を押します。

arrow

ここで、メールアドレスを入力します。可能であれば、他の連携も取りやすくなるのでグーグルのメールアドレス(gmail)を入力しましょう。入力したら「次へ」を押します。

arrow

グーグルアナリティクスの申し込みをします。費用は発生しないので、安心して進んでください。

arrow

アナリティクスの新しいアカウントを登録します。今回はアプリではなく、あなたのサイトの計測を取りますので、「ウェブサイト」を選択します。

「アカウント名」、「ウェブサイト名」、「URL」、「業種」、「レポートのタイムゾーン」、をそれぞれ記入選択します。「URL」は正確なもの、「レポートのタイムゾーン」は”日本”を選択してください。それ以外は適当で構いません。ここでは”healtherapy”、”カウンセリング”と記載しています。

記入し終えたら、一番下の「トラッキングIDを取得」をクリックします。

arrow

利用規約が表示されますので、「日本」を選択し、内容を一読してから「同意する」をクリック。

これでグーグルアナリティクスのアカウントが作成されました。ここで一旦区切ります。次は作成されたアカウントを使ってアナリティクスをあなたのサイトに埋め込みます。

トラッキングIDをサイトに埋め込む

アカウントを作成するとトラッキングIDと呼ばれる、数字が振り分けられます。この数字はアカウントごとに異なります。また、これらが埋め込まれて初めて計測することができるようになりますので、この数字をあなたのサイトに埋め込みましょう。

私の場合、以下のトラッキングIDでした。読者のみなさんが設定するときは一つ一つ数字が異なりますので、必ずあなたに割り振られた数字を使用するようにしてください。

arrow

ワードプレスの管理画面に戻ります。管理画面左の「All in One SEO」を選択。

arrow

画面が遷移したら、下にスクロールしましょう。「All in One SEO」の中の「Google 設定」の中の「Google アナリティクスID」の項目を選択します。

arrow

「Google アナリティクスID」の欄の中に、あなたに割り振られたトラッキングIDを入力しましょう。ここでは私のIDを入力しています。これを間違えると計測できませんので、元ページからコピーペーストをすると確実です。

arrow

入力したら、一番下の「設定を更新」をクリックしてください。これで埋め込み完了です。

アナリティクスが稼働しているか確認する

最後に確認として、実際に計測しているかどうかを見ていきましょう。先ほどのグーグルアナリティクスの画面に戻り、左の「時計マーク」をクリックします。リアルタイムの意味です。

arrow

リアルタイムの中の「概要」を押します。

arrow

すると「現在 1」となっています。また「パソコン」とあるので、現在1人がパソコンであなたのサイトを訪問していることが分かります。あなたの画面ではどうでしょうか。

注意点として、これは別タブで、自分で自分のサイトを訪問しているときに見ているものなので、あなたのパソコンでも別タブで自分のサイトを訪問している時に確認をするようにしてください。別タブで開いていないと1にはなりません。

また、これを見れば分かりますが、自分が訪問した数も1カウントとして計測されます。

まとめ

以上がグーグルアナリティクスの設定です。グーグルアナリティクスを設定すると、「1日どのくらいの訪問者数があるのか」、「どの地域からのアクセスがあるのか」(●●市単位での区切り)、「アクセスが流入経路」(フェイスブックから?検索エンジンから?ブックマーク?)などが分かります。

サイトを運営して行くうえでは設定必須ではありませんが、あると便利なものだと思います。設定してみてください。