ワードプレスをインストールしたら最初にやることはパーマリンクの設定とプラグインを追加することです。ここでは、WordPressをインストールし、記事を書くことを第1優先とすることを考えて、最初の記事を書くまでに必要な手順を踏んでいます。

その第1のステップとして、「パーマリンクの設定」と「プラグインの追加」です。

パーマリンクとは?

パーマリンクとはURLのことです。あなたが検索エンジンで検索をかけたとき、検索結果が表示されると思いますが、そこにはサイト名が表示されていると思います。そのタイトルをクリックして、ホームページに飛ぶわけですが、パソコンやスマホはそれをURLで認識しています。

URLとはhttp://…….などで表される英数字のことです。例えばこのサイトのURLはhttp://corecolors.net/であるわけですが、あなたが書く記事の一つ一つにこのURLが割り振られます。

これは後からも変更可能なのですが、例えばすでにリンク先のURLが貼り付けられているにも関わらず、その後に変更してしまうとリンク先に飛べなくなってしまいます。

したがって記事を書き始める前の段階で指定しておかないと、せっかくリンクを貼ってくれたにも関わらずそれが無駄になってしまうのです。

ですから、最初にパーマリンクを設定しましょう。

※なお、これは記事のタイプの中でも「投稿」タイプの記事に該当するURLです。記事タイプに関しては別ページで解説しますが、いづれにしても現段階でパーマリンク設定は必須です。

パーマリンクを設定する

設定は簡単です。WordPress管理画面からログインし、以下の画面を表示させ、左サイドバーから「設定」の中の「パーマリンク設定」をクリックします。

arrow

パーマリンク設定の画面に移りますので、「共通設定」の項目の中の「投稿名」をクリックし、設定を保存します。

 

必ずしも「投稿名」で設定しなくても良いですが、一般的によく使われているので「投稿名」としています。他のものでも構いません。

これでパーマリンクの設定は完了です。冒頭のところでも述べたように、パーマリンクの設定は一度設定したら変更しない方がよいです。リンク先のURLが変わってしまうからです。

次にプラグインを追加します。

プラグインとは?

プラグインとはWordPressの持つ特徴の一つで、機能の拡張ツールのことです。例えば、プラグインを導入していないWordPressの初期状態では、セキュリティが万全でなかったり、検索エンジン対策が不足していたりするのですが、それをプラグインというツールを活用することで、WordPressに機能を持たせることができるのです。

無料のものもあれば、有料のものもあります。ここで紹介するのは無料のものです。また何度もお伝えしていますが、ここではまず記事を書くことを第1優先としていますので、最初に記事を書くために必要な、あると便利なプラグインである、「TinyMCE Advanced」をインストールしていきます。

プラグイン「TinyMCE Advanced」について

記事を書く際に装飾を施したい時ってありますよね?TinyMCE Advancedは記事を書く際の文字などの装飾機能を追加するプラグインです。

TinyMCE Advancedで追加される機能について

例えば、ここで実際に装飾してみますが、

背景に色をつけたい

打ち消し線をつけたい

下線を引きたい

など、記事を書いていると強調したい箇所ってありますよね。そういう装飾を簡単にできる機能を追加するのがTinyMCE Advancedです。これ以外にも、装飾スタイルはまだまだたくさんあります。

読み方は調べてみると、「たいにーえむしーいーあどばんすど」だそうです。

インストールしたばかりの初期状態では装飾の種類が少ないので、プラグインでWordPressに機能を追加していきます。

TinyMCE Advancedをインストールしよう

ではTinyMCE Advancedを実際にインストールします。

管理画面より「プラグイン」の中の「新規追加」をクリックします。

arrow

ページが切り替わったら、右側のキーワードの空欄に「TinyMCE Advanced」と入力します。大文字小文字、スペースを意識して入力してください。一文字でも違うと別のプラグインが表示されることがあります。

入力すると勝手に検索してくれ、下にTinyMCE Advancedが表示されるので、「今すぐインストール」をクリックしましょう。

arrow

インストールが完了すると、「有効化」ボタンに切り替わるのでさらに有効化させるためにボタンをクリックします。

arrow

有効化されると画面が勝手に切り替わります。現在インストールしているプラグイン一覧の画面が表示されるので、そこでTinyMCE Advancedが追加されていることを確認してください。

ここまででインストールは完了です。次に設定を施します。

TinyMCE Advancedの設定

インストールができたら、次は設定します。ボタン一つで装飾する機能で、装飾の種類を追加する設定です。

管理画面左の「設定」の中の「TinyMCEAdvanced」をクリックしてください(「設定」の上にカーソルを持ってくるとサブメニューでさらにメニューが表示されるのでそのまま「TinyMCEAdvanced」をクリックします)

arrow

以下の画面が表示されるので、選択するのは何でも良いのですが、ここでは例えば②③④⑤の装飾機能を追加したいとしましょう。それぞれをドラッグ&ドロップで①の赤枠の中に持っていきます。

arrow

①の赤枠の中に装飾機能が追加されました。下の赤枠が移動したので、4つ分空いていることが確認できます。

これで設定が完了しました。

実際に適用されているか確認する

設定が完了したら、実際に画面に反映されているか確認してみましょう。管理画面左の「投稿」をクリックし、投稿一覧画面を表示させます。

ここではまだ記事が1つしかないので少ないですが、とりあえずは記事名である「Hello world!」をクリックします。

arrow

すると先ほど追加した4つの装飾機能が追加されていることが確認できます。これで完了です。

まとめ

慣れない作業お疲れ様でした。あともう少しで記事を書く準備が整います。この次は「テーマを選択する」です。テーマまで選択したら記事を書けますので、もう一息です。