【Bootstrapのコンポーネント】ページネーション(Pagenation)に関して

今回はBootstrap4のページネーションコンポーネントについて解説します。

ページネーションは、数が多くて、一度に記事紹介ができないページに使用されます。
早速どのように作るのかを見ていきましょう。

ページネーションの作成手順

■表示を文字か、記号のどちらかにする
↓
■サイズを決める

 

作成手順は、この2手順です。
詳細を見ていきます。

ページネーションの記述方法

表示が【前】・【次】の場合

ページネーションはnavタグを使用し、以下のようなコードで記述することができます。
ページネーション

  1.     <div class=”container”>
  2.       <nav>
  3.         <ul class=”pagination“>
  4.           <li class=”page-item disabled“><a class=”page-link” href=”#”>前</a></li>
  5.           <li class=”page-item active“><a class=”page-link” href=”#”>1</a></li>
  6.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”>2</a></li>
  7.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”>3</a></li>
  8.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”>次</a></li>
  9.         </ul>
  10.       </nav>
  11.     </div>

 

ページが一番最初の時は以下のクラスを使用し、クリック(タップ)できない仕様にします。

disabled

 

また、現在見ているページには以下のクラスを使用してください。
背景色が青色になります。

active

 

これがどのようになるのかを見てみます。

表示が【前】・【次】の場合

以上のような、デザインになりました。

表示が矢印の場合

先述したのは、【前】・【次】でしたが、矢印表記にすることも可能です。

その場合は下記の通り。

 

矢印表記

  1.     <div class=”container”>
  2.       <nav>
  3.         <ul class=”pagination”>
  4.           <li class=”page-item disabled”><a class=”page-link” href=”#”><span>&laquo;</span></a></li>
  5.           <li class=”page-item active”><a class=”page-link” href=”#”>1</a></li>
  6.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”>2</a></li>
  7.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”>3</a></li>
  8.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”><span>&raquo;</span></a></li>
  9.         </ul>
  10.       </nav>
  11.     </div>

 

↓こちらは特殊文字です。

&laquo; → (左矢印)

&raquo; → (右矢印)

表示が矢印の場合

前回は【前】・【次】だったものが、矢印になっています。

ページネーションのサイズを変える

ここまでデザインが決まったら、サイズを変えることも可能です。

大きめ

大サイズ

  1.     <div class=”container”>
  2.       <nav>
  3.         <ul class=”pagination pagination-lg“>
  4.           <li class=”page-item disabled”><a class=”page-link” href=”#”><span>&laquo;</span></a></li>
  5.           <li class=”page-item active”><a class=”page-link” href=”#”>1</a></li>
  6.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”>2</a></li>
  7.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”>3</a></li>
  8.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”><span>&raquo;</span></a></li>
  9.         </ul>
  10.       </nav>
  11.     </div>

 

サイズ大きめ

ページネーションのサイズが大きくなりました。

小さめ

小サイズ

  1.     <div class=”container”>
  2.       <nav>
  3.         <ul class=”pagination pagination-sm“>
  4.           <li class=”page-item disabled”><a class=”page-link” href=”#”><span>&laquo;</span></a></li>
  5.           <li class=”page-item active”><a class=”page-link” href=”#”>1</a></li>
  6.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”>2</a></li>
  7.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”>3</a></li>
  8.           <li class=”page-item”><a class=”page-link” href=”#”><span>&raquo;</span></a></li>
  9.         </ul>
  10.       </nav>
  11.     </div>

 

サイズ小さめ

サイズが小さくなりました。

まとめ

Bootstrap4のページネーションについて解説しました。

ページネーションの作成手順は、下記の通りでしたね。

■表示を文字か、記号のどちらかにする

■サイズを決める

 

記事数、あるいは文字数が多くなってくると、このページネーションが役立ちます。
ぜひ使ってみてください。