Node.js

【簡単】Node.jsのバージョンを変更する方法

Node.jsのバージョン切り替えってどうやるの?

以上の疑問の解決記事です。

 

本記事では、下記前提で解説を進めています。

  • nodebrew経由でNode.jsをインストールしている

 

Node.js公式サイトからインストールしている場合、バージョン変更はできません。

したがって下記記事を参考に、再インストールしてください。
(再インストールすれば変更可能となります)

インストール済みNode.jsをnodebrew経由で再インストールする方法 Node.jsを使い始めた頃は、何も知らずにインストールする場合、公式サイトからインストールするかと思います。 しかしその...

 公式サイトからインストールしている場合、バージョン変更ができない

では、早速進めていきましょう!

 

 

ダウンロード可能なバージョンを確認する

下記コマンドをターミナル上で入力します。

nodebrew ls-remote

 

→ダウンロード可能なバージョン一覧がざっと表示。

 

指定のバージョンをインストール

nodebrew install-binary v12.8.0

 

→使用したいバージョンを入力。

 

使用可能なバージョンを確認

nodebrew ls

 

※インストールしたバージョンが含まれているかを確認

 

使用したいバージョンに変更する

nodebrew use v12.8.0

 

 

切り替わっているかを確認

node -v

 

→これで指定したバージョンに切り替わっていればOK(ここではv12.8.0)

 

Node.jsのバージョン変更について、お伝えしました。
開発環境によっては変更したいケースがあると思うので、必要に応じてお使いください。

ABOUT ME
大城ゆう
エンジニア歴5年。 大学卒業後、フィールドエンジニア職に就くがその後のキャリアに不安を感じ、ゼロスキルからWEBデザイナーに転職。 その後WEB制作会社、東証一部上場企業のECサイト担当を経て、現在は自社開発企業のWEBエンジニアとして仕事に従事。