Javascript

カウントダウンタイマーの期限切れ時にボタンを無効化する方法【JavaScript】

生徒
生徒
LP制作でカウントダウンタイマーを実装したい。
期限切れになったら、自動で「申し込みボタン」も無効化したいなぁ。。

こういった疑問の解決記事です。

 

やりたいこととしては、以下のような感じ。

カウントダウンタイマーの記事はあるのですが、期限切れになった時に、リンクを無効化する記事がなかったので書きました。

コピペで使えるようになっています。

 

 

実装方法

以下のコードで実装可能です。

ファイルを分割するとややこしいので、あえてCSS・JavaScriptをHTMLファイル内に書いています。

※テキストエディターでコピペし、ブラウザ表示させてください。

<!DOCTYPE html>
<html lang="en">
<head>
    <meta charset="UTF-8">
    <meta http-equiv="X-UA-Compatible" content="IE=edge">
    <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1.0">
    <title>Document</title>
    <link href="https://fonts.googleapis.com/css2?family=Oswald:wght@700&display=swap" rel="stylesheet">
    <style>
        .cdt_wrapper {
            font-weight: bold;
            text-align: center;
            line-height: 2;
            display: -ms-flexbox;
            display: flex;
            -ms-flex-pack: center;
            justify-content: center;
            -ms-flex-align: center;
            align-items: center;
        }
        /* 時間, 分, 秒テキスト */
        .cdt_wrapper small {
            font-size: .6em;
            padding: 0 .2em;
        }
        .cdt {
            display: -ms-flexbox;
            display: flex;
            -ms-flex-align: center;
            align-items: center;
            -ms-flex-pack: center;
            justify-content: center;
        }
        /* 終了まで */
        .cdt_txt {
            font-size: 1em;
            display: inline-block;
            margin-right: .6em;
        }
        .cdt_txt span {
            display: block;
            line-height: 1;
        }
        .cdt_date {
            font-size: 40px;
        }
        .cdt_date .cdt_num {
            font-family: 'Oswald', sans-serif;
            background-color: #ffffff;
            display: inline-block;
        }
        .cdt_date .cdt_num.min {
            width: 40px;
        }
        .cdt_date .cdt_num.sec {
            width: 40px;
        }
        .cdt_date .cdt_num.milli {
            width: 40px;
        }
        .btn {
            width: 480px;
            margin: 0 auto;
            text-align: center;
            background-image: linear-gradient(45deg, #709dff 0%, #91fdb7 100%);
            border-radius: 10px;
        }
        .btn.disabled {
            background-image: none;
            background-color: #d8d8d8;
        }
        .btn a {
            font-size: 20px;
            text-decoration: none;
            display: block;
            color: #fff;
            padding: 14px 0;
        }
        .btn.disabled a {
            color: #8f8f8f;
            pointer-events: none;
        }
    </style>
</head>
<body>
    <div class="cdt_wrapper">
        <div class="cdt">
          <div class="cdt_txt" id="cdt_txt"></div>
          <div class="cdt_date" id="cdt_date"></div>
        </div>
    </div>
    <div id="btn" class="btn">
        <a href="#">お申し込みはこちら</a>
    </div>
    <script>
        function CountdownTimer(elm, tl, mes) {
            this.initialize.apply(this, arguments);
        }
        CountdownTimer.prototype = {
            initialize: function (elm, tl, mes) {
                this.elem = document.getElementById(elm);
                this.tl = tl;
                this.mes = mes;
            },
            countDown: function () {
                var timer = '';
                var today = new Date();
                var day = Math.floor((this.tl - today) / (24 * 60 * 60 * 1000));
                var hour = Math.floor((day * 24) + ((this.tl - today) % (24 * 60 * 60 * 1000)) / (60 * 60 * 1000));
                var min = Math.floor(((this.tl - today) % (24 * 60 * 60 * 1000)) / (60 * 1000)) % 60;
                var sec = Math.floor(((this.tl - today) % (24 * 60 * 60 * 1000)) / 1000) % 60 % 60;
                var milli = Math.floor(((this.tl - today) % (24 * 60 * 60 * 1000)) / 10) % 100;
                var me = this;

                if ((this.tl - today) > 0) {
                if (hour) timer += '<span class="cdt_num hour">' + hour + '</span><small>時間</small>';
                timer += '<span class="cdt_num min">' + this.addZero(min) + '</span><small>分</small><span class="cdt_num sec">' + this.addZero(sec) + '</span><small>秒</small><span class="cdt_num milli">' + this.addZero(milli) + '</span>';
                this.elem.innerHTML = timer;
                tid = setTimeout(function () {
                    me.countDown();
                }, 10);
                } else {
                    this.elem.innerHTML = this.mes;
                    return;
                }
            },
            addZero: function (num) {
                return ('0' + num).slice(-2);
            }
        }

        // ▼ 開始&終了日時の指定と日付の判別
        function CDT() {
            var myD = Date.now(); // 1970/1/1午前0時から現在までのミリ秒
            var start = new Date('2022-02-19T00:00+09:00'); // 開始日時の指定
            var myS = start.getTime(); // 1970/1/1午前0時からの開始日時までのミリ秒
            var end = new Date('2022-02-20T23:59+09:00'); // 終了日時の指定
            var myE = end.getTime(); // 1970/1/1午前0時から終了日時までのミリ秒

            if (myS <= myD && myE >= myD) {
                var text = '<span>終了</span><span>まで</span>';
                var tl = end;
            } // 期間中
            else {
                var text = "";
                var btn = document.getElementById('btn');
                btn.classList.add('disabled');
            } // 終了日後

            var timer = new CountdownTimer('cdt_date', tl, '<small>終了しました</small>'); // 終了日後のテキスト
            timer.countDown();
            target = document.getElementById("cdt_txt");
            target.innerHTML = text;
        }
        window.onload = function () {
            CDT();
        }
    </script>
</body>
</html>

 

 

反映内容

ブラウザ反映させると、以下のような画面になります。

※scriptタグ内「終了日時の指定」の時間を変更すると、タイマーが稼働します。

See the Pen
countdown-timer-with-button
by Yu Ohshiro (@you405)
on CodePen.

 

 

コードの解説

カウントダウンタイマー自体のロジックは、文末の参考サイトを見てもらうとして、追加したコードについて解説します。

まず、あらかじめ期限切れになった時に反映するclassを追加しています。

.btn.disabled {
    background-image: none;
    background-color: #d8d8d8;
}
.btn.disabled a {
    color: #8f8f8f;
    pointer-events: none;
}

 

 

それからJavaScriptの条件分岐で、期限切れになった時にclassを追加します。

else {
    var text = "";
    var btn = document.getElementById('btn');
    btn.classList.add('disabled');
} // 終了日後

 

期限切れ後、classを追加することにより、予め用意してあったCSSが適用され、リンクが無効化されます。

 

 

まとめ

本記事では、「カウントダウンタイマーの期限切れ時にボタンを無効化する方法」について解説しました。

  • 実装方法
  • 反映内容
  • コードの解説

オリジナルの実装ができるようになると、JavaScriptが楽しくなってきます。
ぜひ、手元のエディターでコードを書いて、動きを確かめてみてください。

 

 

参考記事

カウントダウンタイマーは以下の記事を参考にさせていただきました。
ありがとうございました。

■Javascriptでセールに最適なカウントダウンタイマーを設置する
https://ecmemo.net/javascript_sale_cdt

ABOUT ME
大城ゆう
エンジニア歴5年。 大学卒業後、フィールドエンジニア職に就くがその後のキャリアに不安を感じ、ゼロスキルからWEBデザイナーに転職。 その後WEB制作会社、東証一部上場企業のECサイト担当を経て、現在は自社開発企業のWEBコーダーとして仕事に従事。