Docker

【Docker_第二回】Dockerイメージを削除する

生徒
生徒
Dockerイメージってなんだろう?何に使うのかな?

 

前回はDockerコンテナの基本操作(作成・確認・停止・削除)について解説しました。今回はDockerイメージの削除に関してです。

【Docker_第一回】Dockerのコンテナを作成・停止・削除する 上記のような疑問を持った方向けの記事です。 これからDockerについて勉強される方、業務で使用していてコマンドの意味を知...

 

Dokcerコンテナを作成するとDockerイメージも同時生成されます。放っておくと貯まってしまい、ストレージを圧迫してしまいますので、削除していきましょう。

 

そもそもDockerイメージとは?

「そもそもDockerイメージってなに?」と思う人もいるはずなので解説します。

Dockerイメージはコンテナを作る雛形で、イメージを元にコンテナを作成するものです。

イメージを配布している、Docker Hubという「公式Dockerイメージ配布所」みたいなセンターがあって、そこからイメージを引っ張ってきてコンテナを作成しています。

前回打ち込んだコマンドは、PC内部では上記流れで動いています。

先生
先生
イメージは「コンテナの設計図」みたいなものだよ

 

Dockerイメージは自作も可能(Dockerfile)

公式Docker Hubが配布しているイメージでは「事足りないので、カスタマイズしたい」「イメージを共有したい」という人向けにDockerイメージは、自作することも可能です。

その際に作成するのがDockerfileです。ファイル化することで、自分なりにアレンジしてその手順通りにコンテナを作成したり、ファイルを別の開発者に共有することも可能になります。

ここでは、本題から外れてしまうので割愛しますが、「設計図(Dockerイメージ)の設計図」というイメージです。

 

Dockerイメージを削除する

では概要が掴めたところで、イメージの削除方法について見ていきましょう。

前回からの続きでコマンドを入力するので、お手元のPCで、表示結果が異なる場合は前回記事もご参考ください。

 

 

Dockerイメージの一覧を表示する

一覧を表示して、PCに存在するイメージを把握します。
ターミナルで以下のコマンドを入力します。

docker image ls

 

Dockerイメージ一覧が表示されます。

REPOSITORY   TAG       IMAGE ID       CREATED      SIZE
httpd        latest    a981c8992512   7 days ago   145MB

 

それぞれ項目の意味について。

  1. サーバーはhttpd(Apache)(REPOSITORY)
  2. httpdのバージョンはlatest(最新)(TAG)
  3. DockerイメージのIDはa981c8992512(IMAGE ID)
  4. 7日前に作られたDockerイメージ(CREATED)
  5. 容量は145MB(SIZE)

1つだけイメージが存在していることが分かります。

 

Dockerイメージを削除する

前回でDockerコンテナは削除済みなので、イメージも削除してしまいましょう。

docker image rm httpd

 

コマンド入力後、削除されます。

 

一覧を再表示して確認する

ちゃんと削除されたかを確認します。

docker image ls

 

削除された場合は、以下のように項目名だけ表示されます。

REPOSITORY   TAG       IMAGE ID   CREATED   SIZE

 

これでイメージの削除が完了しました。

 

まとめ

本記事では、「Dockerイメージを削除する」について以下のことを解説しました。

  1. そもそもDockerイメージとは?
  2. Dockerイメージを削除する

Dockerコンテナだけ削除して、イメージを残しておくと容量を圧迫してしまうので、今後使う予定がなければ、削除してしまうのが良いでしょう。

ABOUT ME
ゆう
エンジニア歴6年。 大学卒業後、フィールドエンジニア職に就くがその後のキャリアに不安を感じ、ゼロスキルからWEBデザイナーに転職。 その後WEB制作会社、東証一部上場企業のECサイト運用担当を経て、現在は自社開発企業のWEBコーダーとして仕事に従事。分かりやすく伝えることに課題意識を持ってます。