Node.js

インストール済みNode.jsをnodebrew経由で再インストールする方法

pakutaso.com
生徒さん
生徒さん
既にNode.jsが入っているんだけど、バージョン管理ができない・・・ここからnodebrew経由でインストールするにはどうしたらいいんだろう

 

Node.jsを使い始めた頃は、何も知らずにインストールする場合、公式サイトからインストールするかと思います。

しかしその場合、nodebrew経由でインストールしないがために、後々バージョン変更ができないことに気が付きました。

この状態でバージョン管理をしようと思ったら、一度Node.jsを削除して、nodebrew(Node.jsバージョン管理システム)を経由して、再度Node.jsをインストールしなければなりません。

本記事では、その手順について解説していきます。
また、その過程でエラーも発生したので、エラー解決の手順も併せて説明していきます。

 

既存のNode.jsを一旦削除しなければならない

まずは冒頭でお伝えしたようにNode.jsを削除しなければなりません。

公式サイトからインストールした状態で、nodebrew経由で再インストールする場合の手順は下記の通りです。

 

Node.jsの実行ファイルがどこにあるのかを下記コマンドで検索

which node

 

UNIXコマンドのrmコマンドで削除

rm -rf  /usr/local/bin/node

-rオプション【recursive(再起的)】

フォルダの中身があると削除できないが、rオプションをつけることでrmコマンドで削除可能になる

-fオプション【force(力)】

エラーメッセージを表示させないようにする

 

nodebrew経由で安定バージョンのNode.jsをインストール

nodebrew install-binary stable

 

※下記のようなエラーが出る場合、ディレクトリを作成する

エラー

Warning: No such file or directory

 

ディレクトリ作成

mkdir -p ~/.nodebrew/src

 

もう一度インストールコマンドを実行してみる

nodebrew install-binary stable

 

 

インストール完了

############################################################# 100.0%
Installed successfully

 

 

まとめ

公式サイトからNode.jsをインストールした際に、nodebrewでもう一度インストールする方法について解説しました。

手順をおさらいすると下記の通りです。

  1. 既存Node.jsを削除
  2. 再インストール

再インストールの過程でエラーが出る場合は、記事内で紹介したようにディレクトリを作成してから試してみてください。

 

 

ABOUT ME
大城ゆう
エンジニア歴5年。 大学卒業後、フィールドエンジニア職に就くがその後のキャリアに不安を感じ、ゼロスキルからWEBデザイナーに転職。 その後WEB制作会社、東証一部上場企業のECサイト担当を経て、現在は自社開発企業のWEBエンジニアとして仕事をしている。