Git

【実務で使える】Gitでよく使うコマンド一覧

pakutaso.com

備忘録も兼ねて、Gitでよく使うコマンドとその見方をまとめておきます。
(個人的に仕事で使っているものと、今後使えそうなものを含む)

 

通常対応時のコマンド

git config -l
  • 設定一覧を表示する
  • 登録名やメールアドレスの確認

user.name = you
user.email = aaaa@abc.com

  • エイリアス(短縮コマンド設定)の確認

alias.co = checkout
alias.st = status
alias.cm = commit

 

git status
  • 変更があったファイルを表示する

赤文字 → add(ステージング追加)がまだの状態
緑文字 → add済

 

git log
  • 変更履歴(ログ)を辿ることができる
    ※コミットメッセージも確認可

 

git log -p
  • (コミット済みの)具体的な変更箇所を確認できる

 

git log —online
  • 変更履歴を一票表示してくれる
    ※短く見たい時に便利

 

git status
  • (まだコミットされていない)具体的な変更箇所を確認できる

 

git reset —hard コミットID
 // コミットIDには、コミットID(英数字の羅列)が入る
  • 指定のコミットIDの変更まで戻ることができる

 

git reset —hard ORIG_HEAD
  • 直前のコミットの変更に戻ることができる

 

git branch
  • ブランチ一覧を表示

 

git checkout ブランチ名
  • ブランチを移動する

 

git checkout -b ブランチ名
  • ブランチを作って、移動する
    ※一気にできるので楽
git merge ブランチ名
  • 今いるブランチに指定ブランチの変更をマージする(取り込む)

 

git branch -d ブランチ名
  • 指定したブランチを削除する

 

 

コンフリクト時の対応

コンフリクト( = 衝突・修正内容が被った)時の、ファイルの見方を簡単に記載します。

<<<<<<< HEAD

修正内容

=======

修正内容

>>>>>>> ブランチ名

 

  • 上のHEADはmerge元(受け先)を表す
  • 下のブランチ名はブランチ(マージされるもの)を表す

 

簡単に図示すると以下のような感じです。

HEAD(受け先) ← ブランチ名(マージされるもの)

この後は、修正したいものを残し、再度コミットすればOK。

 

日本語公式ドキュメントの紹介

また、Git公式ドキュメントには以下のようなものがあります。

【Git – Book】
https://git-scm.com/book/ja/v2

 

まとめ

「Gitでよく使うコマンド一覧」について解説しました。

  • 通常対応時のコマンド
  • コンフリクト時の対応
  • 日本語公式ドキュメントの紹介

 

個人的な感想ですが、使えると便利ですが、慣れるまでは少し時間がかかりました。
また全てを使えるようになる必要はなく、普段よく使うコマンドだけ押さえれば良いかと思います。

 

参考文献

  • ドットインストール 『git入門』
ABOUT ME
大城ゆう
エンジニア歴5年。 大学卒業後、フィールドエンジニア職に就くがその後のキャリアに不安を感じ、ゼロスキルからWEBデザイナーに転職。 その後WEB制作会社、東証一部上場企業のECサイト担当を経て、現在は自社開発企業のWEBエンジニアとして仕事をしている。