1つのサイトを複数人で管理するには?

WordPressの1つのサイトを複数人で管理したい場合、ユーザー設定機能を使うととても便利です。

例えば、「会社サイト」や「運営するコミュニティサイト」を関わっているメンバー同士で管理したい場合、ユーザー機能が役に立ちます。

ある人は「ブログ記事だけを書きたい」、ある人は「システムに関わる管理をしたい」、それぞれユーザーによってWordPressの機能に関われる権限が異なるので、その機能を上手に活用してサイト運営をよりスムーズにしていきましょう。

このページでは、WordPressを複数人で管理する場合のユーザー設定の仕方について解説していきます。

ユーザーを新規追加する

まず、ユーザーを新規追加します。
WordPress管理画面に入り、「ユーザー」をクリックしましょう。
画面が遷移したら、「新規追加」を押します。

この時点ではユーザー名は1つしかないことにも注目です。


arrow

新規ユーザー追加画面に移るので、必要箇所を埋めて、パスワードがすでに発行されているので、「パスワードを表示」をクリックします。

arrow

アルファベットと数字が乱数形式で表示されるので、パソコンのメモ帳機能などでコピー&ペーストしておきましょう。
また、同時に「権限者グループ」の項目に注目です。
見ると、「購読者」「寄稿者」「投稿者」「編集者」「管理者」の表示があります。これって一体何でしょう?

ユーザー区分とできること

さきほどの画面で権限グループに「購読者」「寄稿者」「投稿者」「編集者」「管理者」があることが分かりました。WordPressでいうところの、これらの意味について考えていきましょう。

権限とそれぞれでできることを以下にまとめました。

 権限 管理者 編集者 投稿者 寄稿者 購読者
 テーマの変更
 テーマの編集
プラグインの有効化
プラグインの編集
ユーザーの編集
ファイルの編集
設定の管理
インポート
コメントの承認
カテゴリーの管理
リンクの管理
フィルターなしのHTML
投稿された記事の編集
ページの編集
ファイルアップロード
記事の投稿
記事の編集
閲覧

(出典:『WordPress 仕事の現場で使える!デザイン教科書』技術評論社)

ユーザー区分とできることを簡単にまとめると・・・

表だけでは非常に分かりづらいので、一言でまとめると以下のようにまとめることができます。

 

「管理者」は「サイトを管理する立場にある人」です。全ての機能に携わることができます。

「編集者」は「記事を管理する立場にある人」です。テーマやプラグインの設定など、サイトデザインと機能に関してはタッチすることができません。しかし、「全ての記事を管理することができる」ので、他の人が書いたものも編集できる権限があります。

「投稿者」は、「記事を書く立場にある人」です。記事の投稿と編集ができます。「編集者」と違い、他の人が書いた記事は編集できません。

「寄稿者」は、「記事の文字を書く人」です。記事に画像投稿をすることができませんし、記事を”公開”することができず、「編集者」以上のユーザーから承認をもらわなくては、サイトに公開することができません。あまり意味がないユーザー区分だと思います。

「購読者」は「閲覧する人」です。プロフィールしか見ることができず、記事にユーザーのみコメントできる設定にした場合に有効です。こちらもあまり意味がない区分だと思います。

 

以上を参考にし、それぞれで使い分けてください。

「ユーザーを新規追加する」の続き

話が少し脱線しましたが、ユーザー区分に関してまとめた後で、ここでは「編集者」として設定します。ユーザー権限を選択し、「新規ユーザーを追加」をクリックします。

arrow

新しく編集者としてユーザーが追加されました。ログインする場合は、ログイン画面にて「ユーザー名」とさきほどコピー&ペーストした「パスワード」を入力すればOKです。

ユーザーを削除したい場合

追加したユーザーが不必要になった場合は、ユーザー名にカーソルを合わせて、「削除」をクリックすればユーザーを削除することができます。

管理する人が減った場合に活用しましょう。

まとめ

WordPressではユーザーによって、関われる権限が異なります。それぞれの区分を、前述した内容を参考にして、必要に応じてユーザー権限を付与してみてください。